結婚式についての情報がいっぱい!

このサイトでは、神前式結婚式の意味や式を行える場所、また儀式の内容や流れなどについて紹介しています。
さらに式では御神酒を飲まなくてはいけないのか、また拝礼が持つ意味とは何かという点にも触れて解説していきます。
日本古来の伝統的な挙式スタイルであると言われている儀式に憧れている人も多いでしょう。
そこで、これから挙式を考えている人に参考になるような儀式のポイントや魅力についても分かりやすく紹介していきます。

神前式結婚式の意味

神前式結婚式の意味 結婚式にはいくつかのスタイルがありますが、中でも神前式は古き良き純和風のスタイルであると言われています。
神前式は、神社だけでなく結婚式場にある神殿でも行うことができます。
儀式は参進の儀から始まります。
新郎新婦が入場し、修祓の儀、祝詞奏上と続きます。
三献の儀では、御神酒を飲みかわしますが、どうしても飲めないという人は実際に飲まなくても問題はありません。
神前式では、そこでしか味わうことが出来ない儀式を体験することができるという点が魅力的であると考えられています。
日本人ならではの、和装スタイルに憧れる女性も多いようです。
日本の伝統や奥ゆかしさなどを肌で感じたい人には、おすすめの挙式スタイルであると言えるでしょう。

結婚式は和風の「神前式」を希望するのなら

結婚式は和風の「神前式」を希望するのなら 和風で古式な、昔ながらのスタイルの結婚式、それが「神前式」です。
現代のカップルの中でも「神前式」は人気があり、神社の厳かな雰囲気内で執り行い絆が深まった、という意見が聞かれます。
和装に憧れてこのスタイルを選んだという、花嫁さんも多いようです。
気になる所作などは、前もって神職の方や巫女の方が説明をしてくれます。
費用に関してですが、神主さんへのお礼や神殿使用料、誓詞などを含めて「玉串料」として納めるかたちが一般的です。
結婚式そのものだけを見ると20万円程度と手頃な価格ですが、他の衣装代やカメラマン代などがそれにプラスされます。
和風の衣装に憧れての「神前式」を選ぶのであれば、あらかじめある程度の衣装の種類があることを知っておきましょう。
まず、圧倒的に人気があるのが「白無垢」です。
格式のある正礼装で綿帽子を選ぶことが出来ます。
さらに近頃人気を集めている「色打掛」があり、こちらは色や柄が豊富で華やかな衣装です。
「引き振袖」もあり、長い振袖が美しさを引き立たせるものも人気があります。
男性は「紋付き袴」などが用意されており、サイズがゆったりとしているものを選べるのも嬉しいポイントです。
衣装のグレードによって価格も異なるので、後悔しないように選びましょう。

結婚式場情報についてもっと調べる

神戸で結婚式を挙げよう

新着情報

◎2020/12/7

公式サイトで情報集め
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

神前式における「拝礼」
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

神前式結婚式の御神酒
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「結婚式 神前」
に関連するツイート
Twitter