結婚式についての情報がいっぱい!

神前式結婚式は神社以外で行なえる?

神前式結婚式は神社以外で行なえる? 本来の神前式は、境内をお借りして結婚式を行います。
もともと家族同士の内祝い的に親族内で結婚式を行うことを想定したものですので、あまり場所が広く取れません。
イメージ的には式のみを想定しており、披露宴は別会場といったところです。
昨今では、式と披露宴を一緒に行えるように準備された結婚式場の一部として、神前式を行える会場を備えている会場があります。
神職の方は近所の神社から出張してもらう形になりますが、きちんとした神前挙式をあげることができます。
あるいは、神殿などの建物がなくても神式挙式をあげてくれる神職の方もいらっしゃいます。
神様の前で誓う、という神式の精神を尊ぶ方であれば、自宅に神職の方に来ていただいて結婚式をすることも可能です。
とはいえ、神殿や鳥居といった重厚な雰囲気も大切にしたいところです。
式場を利用すれば、お天気に左右される心配もありませんし、階段や砂利道の多い神社よりも招待客への配慮もしやすいでしょう。

結婚式における神前式とその他の会場の違い

結婚式における神前式とその他の会場の違い 結婚式といえばチャペルで執り行う教会式が有名ですが、和式なら神前式のスタイルで、和装の姿を連想するのではないでしょうか。
名前の通り神様の前で式を挙げるので、会場は必然的に神社、あるいは神殿が選ばれます。
お寺だと仏前式ですから、それ以外のスタイルの結婚式で選ばれることはなく、服装もまた違ってきます。
神社や神殿で執り行う結婚式は、神様を前に和装で厳かにお祝いをするのが魅力的です。
教会式の場合はチャペルが定番で、十字架と神父や牧師の前に立ち、誓いの言葉を交わしてキスをする流れとなります。
神前式はより神様を前にするイメージが強く、チャペルの教会式ですら、比較的カジュアルに思えてくるほどです。
勿論、会場の造りや設備にもよりますが、基本的に神社や神殿で挙げる結婚式はひと味もふた味も違います。
結婚に対する気持ちが本気で、自分の気持ちを再確認したり、真面目に誓いを立てたいのであれば、教会やお寺ではなく神社か神殿が良いのではないでしょうか。

新着情報

◎2020/8/24

神前式における「拝礼」
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

神前式結婚式の御神酒
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「結婚式 和」
に関連するツイート
Twitter