結婚式についての情報がいっぱい!

神前式結婚式は儀式

神前式結婚式は儀式 白無垢や綿帽子など和装で行う神前式は、日本の伝統的挙式スタイルです。
厳粛な雰囲気の元で行われるこの結婚式は「神社挙式」とも言われ、神社に祀られる神の前で結婚を誓う「儀式」の意味合いも深いものとなります。
この挙式の起源は古く室町時代にさかのぼり、当時の挙式は3日間にも及んだと言われています。
そしてその後の明治33年、大正天皇が日比谷大神宮で結婚式を挙げた様式が現在まで引き継がれています。
厳かなイメージを持つこの挙式には、新郎新婦だけではなく「家族と家族を結ぶもの」という根本的考えがあります。
そのことから、式では新郎新婦の背後に両家の両親が座る形となります。
また、会場は神殿で行われることから、参列できる人数は新郎新婦側を合わせて約30から50人程度に限られます。
つまり参列者は両親・兄妹そして親族など血縁関係の近い人達が主体となります。
もしもそれ以外で多くの友人を呼びたいという場合は、神社によってはより多くの参列者が入れるところもありますので、事前に収容可能人数を確かめておくことが必要です。

神前式の結婚式の最大の魅力は参進の儀が行われる事

神前式の結婚式の最大の魅力は参進の儀が行われる事 結婚式には色々な方式がありますが、日本人に適している方式の一つが神前式です。
これは、神社で行われるものですが、日本の神々に結婚を報告し、新郎新婦の将来の安寧を祈願を行い、多くの人々に祝福してもらえます。
この結婚式の醍醐味になるのが、参進の儀と呼ばれる花嫁行列です。
雅楽が流れますので、式に厳かな雰囲気が出来上がり、新郎新婦は新しい道を歩む始まりを感じる事が出来ます。
実際の式では、神職や巫女に導かれて、新郎新婦やその親族・知人・友人などの参加者が本殿に向かうようになっています。
その為、特に難しい事を考えずに式を進められるのは、参加者にとってはメリットです。
ホテルや教会では味わう事が出来ない参進の儀は、和の雰囲気が満載ですので、神前式は長らく人気があるスタイルの結婚式となっています。
和のテイストが満載の日本人らしい結婚をしてみたいと思っているのであれば、このようなスタイルの式を行ってみるのも良いでしょう。

新着情報

◎2020/8/24

神前式における「拝礼」
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

神前式結婚式の御神酒
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「結婚式 会場」
に関連するツイート
Twitter